ににふにや日記

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
溢れ出るもの
2011年05月13日 (金) 04:36 | 編集
11051201.jpg

直感とか、感覚というものは面白い。

人それぞれの、誰にも見せたことのない自分の中にあるもの、隠れている自分の望み、
それを
取るに足らないものとか、おかしなこととか、恥ずかしいとか、
そういう風に片付けてしまわずに、
案外、好きなように、思うようにやってしまってもいいんだとなったら、
ずいぶんとおもしろいことになりそうだ。

近頃は、そんなメッセージを、周りの人の言葉や行動から受け取ることが多くて、
そしてまた偶然知ったこの本からも大きく素敵なメッセージが。

自分の中から溢れ出すものを感じながら、
ひとまず小さな芽から育てて行きたいと思います。

扉を開けてしまおう。

11051202.jpg

さて、今日はゆる休(ゆるい休暇 笑)をいただき、
焼き上がった器の底に紙やすりをかけて、机やテーブルが傷つかないようにしたり、
大きなお鍋で煮たりしました。

こうすると、貫入(ヒビ)の部分の色が少し濃くなったり、
ぴかぴかの焼きたてよりは少し風合いが出るのです。

その他にも一人静かな家で、本を読んだり、とりとめのない文を紙に書いたり、
美味しいベーグルを食べたり、お茶を飲んだり。

そういう時間はすごくいいなあ。

もっと近づいていこう。
スポンサーサイト
季節の変わり目のつぶやき
2010年10月28日 (木) 19:58 | 編集
今日から一気に寒くなりましたね…!

私はというと、ニット帽に手袋に、
フリースに、綿入りジャケットを重ね着して、
完全に冬の格好で出かけました。

昨晩も、ものすごい枚数の布団と毛布を重ねないと、
寒くて眠れないほど。。。

体のギアチェンジがやや追いつかないので、
葛根湯と梅肉エキスでしのいでます。
あとゆっくりお風呂に入ること。

さて、こんな季節の変わり目
ちょっとしたねがいごと混じりのつぶやき。

「色々なことが、よい方向に進みますように。
選択肢はいろいろある。
優しい心でいれば優しいものが返ってくる。
トゲトゲしくいればトゲが返ってくる。
世界は自分を映す鏡として目の前に現れる。
時は流れて波のようにやってくる。
きっと私もあなたも大丈夫。
素直な心で。」

ツイッターでつぶやこうかと思ったけど、
たまにはこちらで。

素直な心というか、
自分が本当の本当に望んでいることって、
何か(プライド、世間体、常識といわれるもの、変な強がり、思い込み、心配…etc)
に邪魔されて見えなくなりがちだけれど、
ちゃんと見つめたいものだなあと思います。

そういう素直さって大事だなあ、
と今年に入ってからよく考えているのでした。

おわり。
たぶんね
2007年04月21日 (土) 03:23 | 編集
「私には何もしてくれない」
そう言うひとは、そう思うひとは、
誰かに何かをしようと純粋に思った事はないはずだ。

見返りばかりを求めているひとの思惑
そういうことにかぎって
どんなに取り繕ったとしても
すぐに相手に伝わってしまう

沢山のものが与えられていることにも気付かずに
「私には何もしてくれない」

自分でつくればいいのにね
すてきなこと


そしてそれを誰かにやって「あげる」
というよりは
さりげなくおすそわけしてる人が
私は好きだよ
ふしぎなもので
2007年04月14日 (土) 00:42 | 編集
あんなに嫌だ、嫌だ、と途中なりながらも、
最後は良かったと思った。


約4ヶ月間かけた、仕事の一大イベントが本日終了しました。
最後の1ヶ月は、別の会社に行っての業務だったので、
来週から自分の会社に戻るのが、逆に変な感じだ。


その中でいろんな人間模様に触れつつ、それについていつも考える。


そうすると、
自分の考え方って、すごくストイックな部分があるよな、
と思って、おっ?、となる。


認識するには鏡がいるんだ。
鏡は目の前に現れる自分以外の人間。
が、よくよく映し出してくれるから、よく見る。


あなたはわたしではないし、わたしはあなたではない。
だから伝えないと伝わらない。


たとえささやかなことでも、感謝の気持ちを忘れてはいけない。
謙虚さも。
謙虚さとは卑下することではない。


10年前は、謙虚なんて言葉は嘘だと思ってたよ。
凄い人に出会うにつれ、違う、本当なんだ、と発見した。


自分自身でくぐり抜けたことは、体が記憶する。
反射で感覚を呼び起こすようになる。
積み重なると自分自身に変化が起きる。
それが楽しくて生きてるんだ。


なんてね 笑
変なストイックさがモリモリ湧いちゃうの。
たぶんまた10年後くらいには変わってると思うけど 笑
copyright © 2006 hiromi Inamasu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。