ににふにや日記

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コケと星座と天然石
2012年01月10日 (火) 22:43 | 編集
ほんとうに、世の中にはありとあらゆる本があって面白いですね!

最近、コケと星座が気になってしまって、
紀伊國屋書店・新宿本店の自然科学のコーナーをうろうろ。

このコーナーは宇宙とか植物とか動物とか石とか、
とっても気になる本が目白押しで、
紀伊國屋書店・新宿本店の中でも非常に好きなコーナーです。

そちらで最近見つけた本達がこちら。



『コケはともだち』
藤井 久子 (著), 秋山 弘之 (監修), 永井 ひでゆき (イラスト)
価格: ¥ 1,575


前半、コケとK子さんの出会いが物語調になっているのが、
ちょっぴり気恥ずかしいですが、笑
後半の「十苔十色」という
コケの種類紹介コーナーの写真がきれいで、
コケがキャラクター化されているのが面白いです。




『苔とあるく』
蟲文庫店主 田中美穂 (著), 浅生ハルミン (イラスト)
価格: ¥ 1,680


上の本よりも、淡々とした雰囲気の本ですが、
まあ、2冊ともコケ愛があふれています 笑
コケを天ぷらにして食べてみたり(!)
コケスポットの情報も豊富。




『星座神話ガイドブック』
沼沢 茂美 (著), 脇屋 奈々代 (著)
価格: ¥ 1,680


昔、家の本棚にあった、
星座とギリシャ神話の本を、
ドキドキして読んだのは懐かしい思い出。
(なんかビミョーにエロかった!笑 ギリシャ神話だから…)
星が綺麗なこの季節、星座の話を読みたくなりました。





『星空ガイド2012』
藤井 旭 (著)
価格: ¥ 1,050


星がよく見える季節なのに、
オリオン座とカシオペア座くらいしかわかんない…
ってことで、星座を知りたくなって、上の本とともに買いました。
今年は5月に金環日食も起こるし、
2012年も天体ショーはなかなか盛りだくさん!?




『天然石のエンサイクロペディア』
飯田孝一 (著), 島野聡子 (編集)
価格: ¥ 3,990


前にご紹介した、「賢治と鉱物」という本と並び、
色とりどりの石の写真が盛りだくさんの本。
こんなに色んな種類の色や形の石があるなんて、
本当にすごい!
写真が綺麗な図鑑モノには弱いです 笑




てことで、今度のんびりコケ観察散歩にでも行きたいなあ~!
(高尾山とか、江ノ島とか、深大寺とか、よさそう)
と思い、早速携帯用ルーペも買ってしまいました。

12011001.jpg
■Vixen(ビクセン) メタルホルダー
 3倍~15倍×19mm 4109-03


 ビックカメラで買いましたが、
 Amazonで見ると、ロゴがレトロ。

 でも、多分現行のものは
 ←このロゴな気がする。


なんでも形から!笑
しかも、金属製の折りたたみルーペで、なかなか素敵なのです。

(あ、でも野外観察には、繰り出すレンズが1枚で10倍の倍率のもののほうが、
 ホコリが入らなくていいらしい!本をよくよく読んだら!
 Vixenのルーペは色んな倍率や口径や形があって、よいかんじです♪)

で、ビックカメラのルーペ売り場の近くには、
同じく「Vixen」の天体望遠鏡とか日食グラスが!

Vixenという会社は天体望遠鏡とか、顕微鏡とかを取り扱っている会社らしく、
ゆくゆくは天体望遠鏡(→こんなの)とかも欲しいなあ~~と思いました。

興味・好奇心とセットの物欲は尽きません 笑

あ!今度、国立天文台(けっこう近所)にも行こう!
スポンサーサイト
宇宙・オーロラ・鉱物・雪の結晶
2011年11月07日 (月) 00:24 | 編集
空11110601

今日は、大学の友人達との和食女子会の後、
「あ!宇宙の写真集欲しかったんだ…!」てのを唐突に思い出して、
ひさびさに新宿の紀伊國屋書店に寄りました。

そこで出会ったすばらしい宇宙本がこちら。

ファー・アウト―銀河系から130億光年のかなたへ「ファー・アウト―銀河系から130億光年のかなたへ」
(2010/11)
マイケル ベンソン

商品詳細を見る


息をのむような、星や銀河や星雲の写真が盛りだくさんで、大興奮しました。
本当にすごいです。
一家に一冊!

その他にもうっすら欲しかったorぐっとくるジャンルの本を、近くの本棚でみつけて購入。↓

オーロラ→「オーロラ写真集―素晴らしい極光の世界」
雪の結晶→「スノーフレーク―雪結晶のふしぎを探る」
鉱物  →「賢治と鉱物」

私は、きれいな写真が載っている本に弱く、
で、たとえばこんなようなもの↓の写真やビジュアル、
宇宙やオーロラや鉱物や雪の結晶や深海やクラゲやウミウシや花や爬虫類や両生類、
なんかに特に弱いわけですが、
なんか全部とっても似てるものだなあ、と思います。

粒子、色、光、透明、魂、生、死、魔法、ゆらめき、ぬらり、境界、闇、宇宙、
といった鍵の言葉で、つながるイメージです。私の中では。

そういうのの写真とかビジュアルを眺めるのが、わたしをとても満足させてくれる。
のですが、それでは本当は物足りないので、
私の体を通してアウトプットしていきたいなあ、と思います。

音楽でも写真でも絵でも陶芸でもなんでもいいんだけど。
モノ・ビジュアル・動き・音、なんでもいいな。

と思いつつ、さっきいろいろ遊んでいたら、できたのが、一番上にある画像です。
最初の状態は、夜に、おもちゃカメラで、暗がりの小さな花達を撮った写真だったんだけど。

印刷したものを、濡らしたり、色鉛筆や、インク浴びせたり、色を反転させたりしたら、
なんか、不思議な空みたいな画像になりました。
なんかふしぎなかんじになったので、気に入りました 笑

あーーーほんとにいろいろやりたいな!
頭の中の妄想やら、細かい思いつきのメモ書きはいろいろあるんだよ!
へへへ。
海獣の子供
2009年08月10日 (月) 02:54 | 編集
20090810025446

4巻が出てました、ふらっと本屋に立ち寄ったら。
他にもナルトともやしもんが新刊出てた。

「海獣の子供」はだいぶ佳境が近づいてきました。
海にまつわる話。
今回は表紙がけっこうこわいな 笑
しかしながらこの方が描く絵、ほんとうに好きです。
そして、目に見えないものに目を向ける人。
そういう意味では水木サンに近い?
表現の仕方は多少ちがうけど。

さてこの週末は、
同僚たちと浴衣でビアホール行ったり、
バンド練でアコースティック寄りな楽器でやってみたり、
タマルちゃんライブ見にいったり、
久々に家族4人揃ったので、モツ鍋食べに行ったりしました。

最近無性に眠いわー
そして蒸し暑いわー
まだまだ梅雨っぽい!
名前のことだま
2009年07月28日 (火) 00:25 | 編集
20090728002513

の本、おもしろいです!

日本の言霊思想で、名前を読み解くわけです。

日本語の50音すべてにそれぞれ意味があって、
下の名前の一番最初の文字が重要になります。

私は「宏美」なので「ひ」なのですが、
「ひ」は「日」で太陽を表していて、
相手のやる気を喚起することだまなんだそうです。

すてきね!

つづいて、
「ろ」は変革を実現させることだま、
「み」は「水」で洗い清めて人を輝かせることだま、だそうです。

ひろみっていい名前ね♪

私はどちらかというと名字のほうが印象的なので、
あまり下の名前は呼ばれない傾向にあるのですが、
これからは、もうちょっと「ひろみ」であることを
アピールしていこうかと思います 笑

みなさまこれからも宏美をよろしく!


ちなみに、
本にはもっと詳しい50音の解説や、
名前に関するいろいろと面白いエピソードが載っているので、
気になる方はぜひ読んでみてください♪
「通り過ぎた風景」
2009年05月16日 (土) 01:14 | 編集
20090516011428
この方の絵もすてきね。。。櫃田伸也さん。

ある日たまたまミッドタウンの本屋でみかけ、
その時は思い留まって買わなかったんだけど、
その後どうしても忘れられず、
でも紀伊国屋書店にも、ブックファーストにも、アマゾンにもなくて、
売ってるとこを調べたら、ええー東京藝大ですか…!
行くの?でもちょっと行ったら楽しそう…

とか思ってたら、最近あっさりアマゾンで入荷されまして、
小躍りしたわけです。

全部一気に見ちゃうのもったいない…♪

そわそわページをめくり、
いいとこで止めて眠るのです。

至福。。。


これと関係あるようなないような。
私もそろそろ絵を描きます。宣言。
花代ちゃん
2009年05月11日 (月) 23:41 | 編集
20090511234150
の撮る写真が好きだー

これは最近とどいた写真集。

たぶん5年くらい前に偶然本屋で出会ってから、
すっかりとりこです。

ドリーミーでキュートでにじんでて
なんていうんだろう、、、
カラフルな砂っぽい蜃気楼みたいで溢れてくるかんじの…

うまく言えないわー!
毛髪川柳
2009年02月18日 (水) 00:26 | 編集
20090218002612

五月女ケイ子さんつながりで気になっていた一冊、
「毛髪川柳」。

アマゾンのレビューでかなりの絶賛度だったので、
思わず買ってしまったら、
こここ、これはヤバイ…!!!

珠玉の名作ぞろいです…
会社の人と共有したい…笑


     ↓これです。。。
毛髪川柳毛髪川柳
(2005/05)
五月女 ケイ子

商品詳細を見る


「上手な風邪のひきかた」的な本
2009年02月14日 (土) 15:27 | 編集
2個前の日記で書いてた
「上手な風邪のひきかた」的な本ってのは、
たしかこれのことです。

私、これ読んだんだっけな??

ちゃんとは読んでないような。。。

こんど気が向いたら読もうー
読書ってその時々のノリが大事!

風邪の効用 (ちくま文庫)風邪の効用 (ちくま文庫)
(2003/02)
野口 晴哉

商品詳細を見る
本屋っていいよねえ~
2009年02月05日 (木) 22:59 | 編集
20090205225921
本屋はほんとに楽しい。。。

最近、新宿西口のコクーンタワー下に、
ブックファーストができたおかげで、
新宿西口ユーザー(京王線←→丸ノ内線乗り換え)は、
非常に重宝しているわけです。

ナイス出店!
今まで西口には手ごろな本屋なかったからなあ。。。

ちなみによく行く本屋は、
新宿紀伊国屋本店と、調布の駅前本屋と、
調布パルコのリブロと、
有楽町の三省堂書店と銀座の福家書店です。
あと新宿ビレバンの本コーナー。。。

本屋は、通り道にあるってことが重要!

本屋によって、目に止まる本がそれぞれ違うのが
いいよね。

ブックファーストはかなり好きです。

銀座の旭屋書店も好きだったけど、
なくなっちゃって残念です。。。
ドロヘドロ
2009年01月30日 (金) 00:29 | 編集
20090130002918
という漫画が最近好きです。
会社の後輩が貸してくれました。
けっこうグロいので、最初は「ぐえっ…」っと思ったけど、
慣れれば大丈夫…♪

わりと混沌とした世界なのですが、
巻を重ねるごとに混沌さが増してきて、
話のつづきが気になります。。。
copyright © 2006 hiromi Inamasu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。