ににふにや日記

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもー!
2010年06月25日 (金) 19:03 | 編集
無事、おととい帰ってきました!
まだ書いてない日記と合わせて書こうかと思ってましたが、
とりいそぎ、帰ってきた報告を先に…!
また日記の続きを後で書きますね~♪
旅行中、見守っていただきありがとうございました!

追伸:
今朝のデンマーク戦はすごかった…!
そして日本で見られてよかった…!w
スポンサーサイト
雨のツェルマット
2010年06月20日 (日) 07:40 | 編集




さて、日記が今日に追いつきました!

今日のツェルマットは朝から雨で、
晴れれば何らかの経路で山の方行くかなー、
と思ってましたが、
雨だし、山は雲に隠れて見えないし、
ハイキングもだいぶ満喫したので、
町でのんびり過ごすことにしました。

スーパーで、
カランダッシュというスイスの色鉛筆を買って、
花とか景色をスケッチしてみたり、
ツェルマットミュージアム?に行って、
マッターホルン初登頂時の栄光と悲劇を知って、
その時のロープや靴を見たり、
のんびりご飯を食べたりして過ごしました。

そして夕食は、食べてみたかったラクレット!
じゃがいもとピクルスに
溶かしたチーズを付けて食べる、
スイスの名物料理です。

この他にも、名物のソーセージも食べました。
あとはワインも一杯…♪

そしてレストランの店員さんは、
ちょい悪おやじ系エンターテイナー集団で、
かなり面白かったです。

一人旅だと特に、
宿や飲食店でのちょっとしたやりとりが
旅のいい思い出になるなーと
最近とっても感じています。

そんなこんなで明日はまたジュネーブに戻り、
明後日はジュネーブからコペンハーゲンに戻り、
その次の日はコペンハーゲンから
成田行きの飛行機に乗ります。

もうだいぶ旅も終盤にさしかかって来ました!

でもまだまだつづく!w

貴重なお山様…
2010年06月20日 (日) 07:13 | 編集



濃霧ハイキングの翌日、
ツェルマット観光1日目は、
天気予報に反して奇跡的に少し晴れて、
雲の切れ間からマッターホルンの頭が…!!

ユングフラウヨッホでは大きなお山を見ることは
ほぼできなかったので、大感激でした。
超貴重…!

その後の日の天気予報を見ても、
連日イマイチな感じだったので、
このチャンスを逃したらもう見れないかも…と思い、
この日は登山鉄道に乗って、コルナーグラードという、
展望台のある場所まで登りました。

展望台に着いた頃は周りにあまり雲がなくて、
山々と氷河が綺麗に見えました。
この時マッターホルンだけは
また雲に隠れてしまってましたが…。

その後下山する時に、登山鉄道を途中下車し、
ハイキングコースを3時間ばかり歩いて、
2駅先まで下りて行きました。

ハイキング途中で、
マッターホルンの頭がちょっと見えたり、
ツェルマットの町を一望できたり、
雄大な景色に囲まれながら、
一人で黙々と下りて行くのはなかなか快感でした…!

下りて行くにしたがって、
咲いている花が変わるのも面白かったです。

そして、2日連続ハイキングで、
だいぶ山歩きはお腹いっぱいになりました 笑

つづく。
ハイキングin濃霧
2010年06月19日 (土) 06:04 | 編集




ユングフラウヨッホに行った次の日は、
ユース同室の同名、ひろみちゃんと、
登山鉄道とゴンドラを乗り継いで、
フィルストという場所にハイキングしに行きました。

ゴンドラが山を登るにつれ、
予想以上に冷え込む空気…
そしてゴンドラの外がまたもや真っ白…

スタート地点付近は、
十数メートル先は霧というか雲で見えず、
2人でちょっと引き気味になり、
どっちかが寒さとかで無理と思ったら引き返そうね…
と言いつつ歩きはじめました。

ちょっと歩いた所で、
日本人のご夫婦に遭遇し、
案外、目的地も湖まで行けるし、景色も見えるよ!
という言葉に励まされ、歩を進めました。

霧は晴れたり煙ったりしつつ、
気温も場所によっては寒さもやわらいで、
なんとか目的地の湖までたどり着きました。

天気が良ければ、山々を見渡せたのですが、
この日もそらは叶わず…!

しかしながら、
高山植物がところどころで咲き乱れていて、
お花畑もさながら。

そして、雪が残っている所も結構ありました。

途中で小さなシカっぽい動物とか、
プレーリードッグみたいな動物が
地面の穴から顔出したりするのを見れたりして、
濃霧なりに、かなり楽しかったです!

つづく。

ユングフラウヨッホはホワイトア ウト…!
2010年06月19日 (土) 05:42 | 編集




スイス3日目は、
ヨーロッパ最高地点の駅として名高い、
ユングフラウヨッホへ。

インターラーケンから登山鉄道を乗り継いで、
山の上まで登ります。
その高度、3500m級!
この路線ができたのはたしか100年くらい前ですが、
こんなに高い山に穴あけて、
よく作ったもんだよなーと思いました。

作った人はきっと当時crazyと言われたにちがいない!

そして、スイス入りしてからというもの、
毎日曇ったり雨がぱらついたりと、
天気が思わしく無いのですが、
この日もそうで、
でも行かずには日本に帰れない!と、
高い運賃を払って登ってみましたが、
展望台からは何にも見えず…!

雪がぱらつくくらいの天気で、
全ては真っ白でした…(チーン)

しかしながら、
空気の薄さと、寒さはしっかり体験しまして、
ああ、すごい高さにいるんだな…
ってことはしっかり体験できました。

ほんと、ちょっとスピーディに動くと、
息切れするくらいなかんじです。
最後のほうはだいぶ慣れましたが。。。

ということで、
空気の薄さと寒さと氷の宮殿などを堪能して、
下界に下りたのでした。

いつかまたリベンジしたい…!

それにしても、ユングフラウヨッホは、
インドの人と韓国の人が多かったです。

両国で流行っているのだろうか??

つづく。

湖畔のホステル
2010年06月19日 (土) 05:21 | 編集




ベルン観光後、
また電車に乗って、程なくインターラーケンに到着。

ジュネーブに引き続き、ユースホステル泊でした。
ここのユースは、湖畔に建っていて、
目の前はこれまたエメラルドグリーンの湖で、
とても綺麗でした。

そして偶然、日本人のひろみちゃんという
同名の女の子と同室になり、
背格好も2人とも150cmくらいで
髪も黒で長さも同じかんじで、
フレンドリーさも似てるってことで、
ユースの受付スタッフのマダムが混乱する、
という珍事件も発生しました…!

Japanese で friendly な 2 HIROMIS が
まさか same room になるなんて、
私、confuseしちゃったわ…的な!

ひろみちゃんとは色々話しつつ、
見た目の他にも似てる部分が多くて、
面白かったです。

やっぱ名前って何かを引き寄せる力があると思います。

つづく。

ベルンで途中下車
2010年06月19日 (土) 05:02 | 編集




スイス2日目は、
インターラーケン泊だったのですが、
移動の途中にあるベルンという街に寄りました。

ベルンの旧市街には中世の建物が立ち並んでいて、
世界遺産に登録されているみたいです。
高台から見下ろすと、赤い屋根と、
エメラルドグリーンの川がとても綺麗でした。

そして、もうひとつ行きたかった
パウルクレーセンターにも行きました。
建物がなみなみだったり、
看板?モニュメント?がクレーの線画風で
可愛かったです。

ちょうどピカソとクレーを
両方見られる展覧会が行われていて、
常設展とともにそれも見てきました。

ただ、解説がドイツ語?で書いてあったので、
せめて英語の音声ガイドを借りれば、
もうちょっと意味がわかったかもなー、、、
とも思いました。

つづく。

14日からスイス入りしております !
2010年06月19日 (土) 04:49 | 編集


こんばんは!
もうすぐスイスは22時です。

やっと昨日から宿でWi-Fiが使えるようになったので、
ここ数日の日記を書こうかと思います。

14日からスイスのジュネーブ入りしました!
ジュネーブはほぼ泊まるのみで、
見たものといえば、
写真のジェッドーという大噴水くらいです。

レマン湖畔に観光客集めの話題作りとして、
100年前に作られたそうで、
面白い発想だなーと思いました。

確かに、かなりの高さまで水が吹き上がっていて、
(ガイドブックによると140m。
周囲の建物なんかよりはるかに高い!)
人寄せのために作っただけはあるなー…!
と思いました。

しかしながら、
湖畔でカメラのファインダー内に
ゴミが入っているのを発見して、
調子に乗って少し中の部品を外したら、
一時取り付け方がわからなくなって、
壊しかけて焦ったという、
デンジャラス事件も発生しました。

その後、なんとか部品を取り付け、
カメラは元気に動いてます…!

まじで焦った湖畔前、です。

つづく。

美しきスオメリンナ島→シングル ズアソシエーションに飛び入り参 加!!
2010年06月14日 (月) 07:02 | 編集






昨日のフィンランド観光最終日は、
ヘルシンキの市場からフェリーで15分の
スオメリンナ島に行きました。

元々は軍事要塞で、
スウェーデンやロシアに支配されたこともある、
歴史渦巻く地ではあるものの、
今では薄紫のライラックや、黄色の菜の花が咲き乱れ、
風景をどっからどう切り取っても美しい島でした!

しかしながら午前中から昼過ぎにかけて、
霧雨と台風並みの強風で、
吹き飛ばされそうになりながら
歩き回ってましたが…。

島には人が住んでいて、
中には陶芸家やガラス工芸家のスタジオもあり、
そちらも少し見て、ほくほくしました。

そして教会での結婚式も偶然目撃!


その後、
帰りのフェリーでたまたま会った
フィンランド人MIKA(おじさまですw)と、
風強かったね!カメラがオリンパスだね!
と盛り上がり、
これから独身の友達とディナーするんだけど来る~?
とお誘いを受け、
シングルズアソシエーション?独身者の集い?的な
ゆるい会になんと飛び入りで参加しました…!


その集いのメンバーは老若男女いて、
その日は10人が集まっていて、
街のレストランで飲んだり食べたり、
お喋りするという、
いたって気軽な感じの会でした。

日によっては観劇したり、
ものすごく色々な活動があるらしく、
メンバーも数千単位で
めちゃくちゃ沢山いるらしいです!

そしてご飯後は、
レストラン2階の音楽バーに行くのが
彼らのお決まりコースのようで、
私もちょっと飲んで踊ってきました♪

バーには、
ごくごく普通のおばさまおじさまが沢山いて、
街の娯楽はこんな感じなのかなーと思いました。
日本のカラオケ的な??
それにしてもなかなかの珍妙体験でした 笑

そして、今使っているオリンパスの一眼は、
色んな面白い出会いを運んできてくれる
ラッキーカメラとなりつつあります…!

つづく。
初の雨降り&カモメ食堂へゆく
2010年06月12日 (土) 04:29 | 編集





そして今日は旅立ち後初めて雨が降りました。
基本的にこちらは空気が乾燥しているので、
実は今、喉痛になっている私にはありがたい。
それにしても、やはりヨーロッパの方々は、
ちょっと雨降ってるくらいでは
あまり傘をさしません。
ジャンパーでしのいだりしてる人多数。
さすがに雨足が強くなってくると、
傘さしてる人は増えた気がしましたが。

そんな訳で、雨降りだったので、、
今日はあまり遠出をせず、
市内をトラムでぐるぐる回って観光。
買い物したり、カモメ食堂行ってみたり。

カモメ食堂には今でも日本人が毎日来るそうです。
中のキッチンの配置が違っていたりしましたが、
おお、ここかあー、とひとしきり感慨にふけりつつ
ケーキを食べて帰ってきました。
マダムの笑顔が素敵でした!

さて、明日の天気はどうかなあ??

つづく。
copyright © 2006 hiromi Inamasu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。