ににふにや日記

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1927年生まれの蒸気船で湖をゆく
2010年07月08日 (木) 01:26 | 編集





帰って来てから早くも2週間が経ちましたが、
旅行記のつづきを…

ツェルマットからジュネーブへ戻る日、
電車で一気に戻っても良かったのですが、
せっかくなので、ローザンヌという街で途中下車して、
レマン湖を船に乗ってジュネーブまで戻ることにしました。

ローザンヌからジュネーブは、
電車だとたしか30分くらいですが、
船だと4時間くらいかかります…!

船の中ではうたた寝したり、お菓子食べたり、
エメラルドグリーンの湖面を眺めたり、
蒸気機関と左右のプロペラ?が回る様子を見ていたり、
みんな思い思い、のんびり過ごしてました。
レストランもついてたので、食事してた人もいたのかな?
途中停まる桟橋近くにお城が見える所もありました。

蒸気機関の船には初めて乗りましたが、
なんていうか振動や動きがアナログな感じで、
船が苦手な私でもすごく心地良かったです。

そんな素敵な83歳の船「Rhone」の音と動きを
オノマトペで表現するとこんな感じでした↓
(ここだけは現地で記録!)


**************

ガッションガ ガッションガ ガッションガ
(シュー シュー シュー …)
ぐぐぐっ ぐぐぐっ
プー!
ポッポーッ
カンカンカンカンカン!
ジリリリリリリ!
(シュー ホー シュー ホー …)
ガション!
ジリリリリリリ!
(シュッホホホ、シュッホホホ、シュッホホホ …)

**************

伝わったかしら…?笑

つづく

スポンサーサイト
copyright © 2006 hiromi Inamasu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。