ににふにや日記

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポニョみたよ!
2008年07月20日 (日) 10:52 | 編集
昨日、日中はとても暑かったのでどこも行かず、
でもこのまま終わるのもなんだな、と思い、
涼しくなってから、夜な夜なお出かけしました。



 20時ころから隣町で温泉に入って
        ↓
 22時くらいのレイトショーでポニョを見、
        ↓
    ぎりぎり終電で帰る!



こういう平和な夜遊びも楽しいですね
夜の町を歩いてると、
どこか知らぬ街へ旅行に来た感覚におちいれる。


そしてレイトショーは1200円で安かったです。
今の時代、ネットで予約して行けるので、並ばなくてよくて便利ね。。。
公開初日ということもあって、思った以上に人が来ていました。

あの、ポップコーンのメープル味?のたまらない香りに包まれ、
雰囲気に乗っかって、チュロスとジンジャーエール買ったりしました。
そういうのがまた楽しい。



ポニョは現実世界的な設定と、
ファンタジーな世界が常に混じっている感じで、
どこかで世界ががらっと切り替わる、千と千尋とか、
最初からその世界に入っている、もののけ姫とか、ラピュタとか、
現実世界的な設定も多いけど、
昭和のノスタルジックな雰囲気が強いトトロとか、
とも違って、また新鮮な感覚でした。

絵柄とか、色とか、山とかの風景のかたちも、
なんか絵本に近いかんじ。
クラゲがたくさん出てきたのも、
クラゲ好きとしてはうれしかったです

そして、宗介とポニョがとてもかわいい。。。
5歳の男の子がお母さんをなぐさめたり、
ポニョを守るんだ!って思ったり、
とても健気というか、小さな男気?というか、
そういうのがさりげなく描かれているのが、
なんだかリアルに感じられました。
お母さんのリサも正直でとても素敵だと思いました。

物語の結末は、わりとおとぎ話的なめでたし、めでたし、で
さくっと終わってしまいますが、
そこまでで描かれているいろいろなシーンのほうが、
丁寧でぐっとくるものがありました。

そして、宮崎アニメらしく、
いろいろな謎は謎のままで終わるのです…!
登場人物の設定の背景やらが知れたら、
もっと面白いかもしれません!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 hiromi Inamasu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。