ににふにや日記

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっくら高尾山へ
2006年05月01日 (月) 22:36 | 編集
昼ごろ起きてお腹がすいて、お蕎麦が食べたいと思った。
窓から外を見たら、なんといういい天気。
今高尾山に行かずにいつ行くんだ、という気分になり、
いそいそと支度をして家を出る。ちょっくら高尾山へ。

06050101.jpg昼下がり、地元駅から京王線に乗り込む。
京王線はほぼ毎日乗っているけれど、今日は逆方向。
高尾山に近づくにつれて風景が山になっていく。
すごい。わくわくわく。

06050102.jpg高尾登山電鉄の駅前付近。
京王線の高尾山口駅から歩いて5分程。
おみやげやさんやお蕎麦やさんが立ち並ぶ。
けっこうにぎやかなのね。
私が行った時間は、もう帰る人のほうが多かった。

06050103.jpgつけとろろ蕎麦参上。
毎年「高尾の冬蕎麦」のたいへん美味しそうな車内広告を見るたび、行かねば!と思いつつ、行けていなかったので、やっと夢が果たされる。
今日は暑かったので、冷たいお蕎麦。ううう旨い!

06050104.jpg高尾登山電鉄の駅。
なんかかわいい。
ケーブルカーとリフトがあります。
この時点から全て徒歩で登ることもできます。

06050105.jpg行きはリフト、帰りはケーブルカーにすることに決定。
ケーブルカーのほうが遅い時間までやってます。

06050106.jpgリフトだ!やっほい!
こういうのに乗るの、大好き…♪
今日の空気は本当に温かい。
ほけ~っと乗っていると、山のいい薫りが漂ってきます。
しあわせな気分で思わずニヤける。

06050108.jpgリフトで山上駅に到着。
そこからちょっと歩いただけでこの景色。
東京だけでなく、横浜まで見渡せているらしい。
空気が白んでいて、いまいちどこがどこかわからないが、とにかくすばらしい眺め。

06050109.jpg山頂まではさらに歩きます。
いろんなルートを選択可能。
ちょっと山歩き気分が味わえそうなコースへ。
てくてくてく。

06050110.jpg吊り橋発見!
吊り橋というものがあるだけで、何故かアドベンチャー風味が増します。
インディージョーンズ?

06050111.jpgそんなこんなで、山頂に到着!
小一時間くらい歩きました、たぶん。
いい汗かいた。
ニヤリ。

06050112.jpg山頂って書いてあるー。

06050113.jpg本日のお供の水筒。
おでかけしたくなる魔法の水筒!
私の中でひそかに水筒ブームがわき起こってます。
中身はだたの水よ。

06050114.jpg帰りはまた別の道をとおって帰る。
お寺、かな?

06050115.jpg高尾山薬王院、というらしい。

06050116.jpg桜の一種?
もこもこっとしたピンクの花がたくさん咲いてる。
きれい。

06050117.jpg天狗発見!
小天狗と大天狗。
大天狗のほうがちょっとおじいちゃん??

06050118.jpg元の場所に戻って来ました。
帰りはケーブルカーで。
改札できっぷをきっぷ切りで切ってくれるのが懐かしい。
結構な角度で下って行きます。

06050119JPG.jpgひゅーん。


あー楽しいお散歩でした!
お蕎麦美味しかったーーーーー。
いい運動にもなったわー。

そして、帰りがけに届いた母からのメールで判明したのですが、
なんと今日、父も高尾山に登っていたそうな。
全然知らなかったよ!
本日、家族の50%が高尾山に登頂していた、ということで、
我が家では知らぬ間に高尾山ブームがわき起こっていたわけです。
今日は確実に、山が呼んでいた…!

なお、帰ってきた後のビールはもちろん旨かったです…ふふふ。
コメント
この記事へのコメント
まっまさか一人山登りだったの!?
んな訳ないか(笑)
山っていいよね!癒される♪

ピンクの桜の様な花はモモの花じゃないかねぇ?(違ってたらスマンです)
2006/05/01(月) 22:47:02 | URL | エルマ #-[編集]
え、もちろん一人山登りよ♪ 笑
いやーあたし結構ひとりでなんやかんやするの平気というか、
わりと好きなのよ~☆
ひとり旅も好きだし、ひとり外食もするし、ひとりカラオケもやります♪
むふふ。
あ、でも2人以上でこれらのことやるのも好きよ♪

あ、ピンクの花、桃かなー?
なんか画像みてみたら、似てるかも、そうかも。
2006/05/01(月) 22:58:08 | URL | ひろみいい #qbIq4rIg[編集]
モモの花は
花びらが細い感じだよ。
もこもこってのは山桜(八重桜)じゃないのかな?(自信50%ぐらい。)

休み満喫だにゃ。うらやますぃ~。
明日も仕事するぞーーー。ヽ(´▽`)/へへっ
とはいえ私は休みだったとしても山に登ることはなかったでしょう。すてきな休日の過ごし方、すばらしいわね~♪
2006/05/02(火) 00:11:35 | URL | たけにゃか #-[編集]
さっき検索してみたら、私とほとんど同じような日記書いてる人発見!
その人は4/29に高尾山に登ったらしい。
通った場所の写真がかなりかぶっている… 笑

そして、その日記によると、石段の横に咲いてたアイツは、
どうやら八重桜っぽい!
写真もあたしのよりはっきりと写っておりました。
ふう~なんだかすっきり…☆

ちなみに高尾山、コースによっては、かなりお散歩気分で登れるのですが、ヒール付きの靴で登ってる女の人もいて、さすがにビビりました。
明日もお仕事…お疲れさまです!
2006/05/02(火) 00:28:14 | URL | ひろみいい #qbIq4rIg[編集]
わーい素敵な高尾山レビューだ!
地元が紹介されてると誇らしいなぁ。笑
高尾山薬王院は実はけっこう有名というか、伝統のあるデカい組織なんですよー。
おつかれさまでした♪またきてくださいねー!◎
2006/05/02(火) 01:43:09 | URL | あみこ #-[編集]
うを~
いいないいなふらっと山。
そうそう、あのおそばの車内チラシ美味そうなんだよね。
何十年も前(笑)小学校時代クラスの有志で登った!
自然はいいね~私も行きたくなったよ。
まねっこしちゃうかも~~いい?(笑)
2006/05/02(火) 07:26:40 | URL | でこっぱち #LQScqSKw[編集]
いいないいな~
私の実家近くの曼珠沙華も今が見ごろのはず(飯能巾着田)

ショートトリップ、明日にでも!
2006/05/02(火) 14:14:23 | URL | ますみん #-[編集]
>あみこさま
今回のレビューは気合い十分よ! 笑
ほんと、昨日は高尾山日和だったよ~。
山の薫りが最高でした!!
また違う季節に行きたいなー。
他の蕎麦屋にも行ってみたい♪

>でこっぱちさま
そうだ、高尾山いこう!と思いつきで行けちゃうご近所の山、
なかなか素敵でした♪
気分的には、新宿や渋谷へ行くのとあまりかわらなかったです 笑
天気のいい日は、ぜひお山へGO!!してください♪

>ますみんさま
曼珠沙華、いいよねーー!
超好き。好きな花の5本の指に入ります。
しかしながら、曼珠沙華シーズンは秋ではないか??
http://www.kinchakuda.com/
そいえば埼玉では芝桜が満開らしいぞ!
http://www.asahi.com/life/update/0428/003.html
2006/05/02(火) 16:39:06 | URL | ひろみいい #qbIq4rIg[編集]
高尾~v
ィィねぇ、高尾山ッ♪
ふらっとプチ遠足気分だね(≧▽≦)

LiLiもこなぃだ青梅なら行ったけれどもv

お天気の中の山登り、
久々に行ってみたくなっちゃった♪

あっ、でもナイトクルーズのほぅが
お手軽かな♪o(^^o)(o^^)o♪
2006/05/02(火) 18:22:14 | URL | LiLi #aO7ArIDQ[編集]
そうだよ。芝桜!
曼珠沙華シーズンはどう考えても秋ですわ。

なんか、春見ごろ→埼玉実家→実家といえば曼珠沙華
みたいな誤った発想の連鎖が!(苦笑)

さーて、明日からどうするかね~
2006/05/02(火) 18:23:14 | URL | うっかりますみん #-[編集]
>LiLiさま
ほんと、プチ遠足だよ~。
おやつとか買っちゃったもん 笑
高尾山はなにげに行ったことなくてさ、
行く機会をうかがっていたのです!
ちょっと汗ばむくらいあったけど、ほんとさわやかでよかったよ。
ちなみにナイトクルージングは終電を逃せば、できます 笑

>ますみんさま
うひゃひゃ!なんかボケちまうよねえ~
あたしもこないだキンモクセイの咲く時期間違えたしなあ 笑
明日は天気いいみたいだね。
お出かけ日和万歳~。
明日から連休本番でいろいろ混みそうだが…!
2006/05/02(火) 19:52:01 | URL | ひろみいい #qbIq4rIg[編集]
いいねぇ♪
すっごく気持ちよさそう!私もそういう旅?大好きだよ~。お時間が合うときにはぜひご一緒に(^-^)
また一発芸大会でもしちゃおっか(笑)?
2006/05/02(火) 22:29:45 | URL | みをっち #-[編集]
お、また一緒に旅しようぜい~~。
近場も結構楽しいね!色々発見しなくちゃ。
もちろん一発芸大会は、おのずとやるハメになることだろう 笑
2006/05/03(水) 00:16:28 | URL | ひろみいい #qbIq4rIg[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 hiromi Inamasu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。