ににふにや日記

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙・オーロラ・鉱物・雪の結晶
2011年11月07日 (月) 00:24 | 編集
空11110601

今日は、大学の友人達との和食女子会の後、
「あ!宇宙の写真集欲しかったんだ…!」てのを唐突に思い出して、
ひさびさに新宿の紀伊國屋書店に寄りました。

そこで出会ったすばらしい宇宙本がこちら。

ファー・アウト―銀河系から130億光年のかなたへ「ファー・アウト―銀河系から130億光年のかなたへ」
(2010/11)
マイケル ベンソン

商品詳細を見る


息をのむような、星や銀河や星雲の写真が盛りだくさんで、大興奮しました。
本当にすごいです。
一家に一冊!

その他にもうっすら欲しかったorぐっとくるジャンルの本を、近くの本棚でみつけて購入。↓

オーロラ→「オーロラ写真集―素晴らしい極光の世界」
雪の結晶→「スノーフレーク―雪結晶のふしぎを探る」
鉱物  →「賢治と鉱物」

私は、きれいな写真が載っている本に弱く、
で、たとえばこんなようなもの↓の写真やビジュアル、
宇宙やオーロラや鉱物や雪の結晶や深海やクラゲやウミウシや花や爬虫類や両生類、
なんかに特に弱いわけですが、
なんか全部とっても似てるものだなあ、と思います。

粒子、色、光、透明、魂、生、死、魔法、ゆらめき、ぬらり、境界、闇、宇宙、
といった鍵の言葉で、つながるイメージです。私の中では。

そういうのの写真とかビジュアルを眺めるのが、わたしをとても満足させてくれる。
のですが、それでは本当は物足りないので、
私の体を通してアウトプットしていきたいなあ、と思います。

音楽でも写真でも絵でも陶芸でもなんでもいいんだけど。
モノ・ビジュアル・動き・音、なんでもいいな。

と思いつつ、さっきいろいろ遊んでいたら、できたのが、一番上にある画像です。
最初の状態は、夜に、おもちゃカメラで、暗がりの小さな花達を撮った写真だったんだけど。

印刷したものを、濡らしたり、色鉛筆や、インク浴びせたり、色を反転させたりしたら、
なんか、不思議な空みたいな画像になりました。
なんかふしぎなかんじになったので、気に入りました 笑

あーーーほんとにいろいろやりたいな!
頭の中の妄想やら、細かい思いつきのメモ書きはいろいろあるんだよ!
へへへ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 hiromi Inamasu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。